2009年09月29日

英彦山サイクルタイムトライアル大会(9/27)

去年は豪雨で中止となった福岡県は添田町の
英彦山サイクルタイムトライアル大会!
決戦バイクのTREK Madoneはベアリングの磨耗
で入院中なので、本来は平地でのスプリント
用のパナチタンで出陣!

いやはや、これまでのレースで一番機厳しい
登りだった。徳之島、佐渡、沖縄を超えるよ...
休める区間がないので、3年振りに降りたいと思った。
が、ここで降りれば、ロードマンの名が廃る。
何とか降りずにゴール!15kmでトップから
約20分遅れ。うぅ〜っ。

青少年の家で弁当と豚汁を美味しく頂き、
閉会式。
ナイスコメント賞という、エントリー時の
コメントを添田町長にセレクトして頂き、
受賞!?(と言っても21名受賞だが)

めでたいので、戦績に加えようかな???

写真は、ありがたくもボランティアで撮影された方のHPから。


hikosan2009152.jpg
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

ツール・ド・北海道市民レース 3日目:札幌モエレ沼公園

イサム・ノグチが設計したモエレ沼公園でのクリテリウム。

一昨年はラップアウト、去年は完走したので、今年も完走を目指したが、
先頭の速いペースと強い向かい風で、半分の周回でラップアウト。無念。

体力的な要因より、作戦的な要因で完走できなかった。

トップでゴールした人は3周目までは僕の後ろにいたが、先頭集団
との差が開いたので、50m先の集団まで追い付いたとのこと。

自分は目の前の集団で廻すことを考えていて、レースの流れを読めてなかった!

先頭に追い付くのが成功するか否かは別にして、トライできなかった、
いや気が廻らなかったことが作戦として足りなかった点だ。

来年は先頭集団でゴールだ!
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツール・ド・北海道市民レース 2日目:富良野市〜岩見沢市

富良野市から実家のある岩見沢までの77km。

5時30分に実家から自走して、スタート地点への運送バスへ乗りにいわみざわ公園へ。

途中、愛知のショップチームの人と車内で話したり、仮眠したり、
コースを確認しながら富良野へ。

今年は序盤に登りが来るので、ここを耐えるのがポイント。
去年より登りが速くなったねと、一昨年から知り合った方に褒められるも、
先頭集団に着いて行けず、第3,4集団?で走行。

今までは、短い距離のクラス先頭に中盤過ぎでつかまっていたが、
今年はゴール3km前でつかまった。
なので、去年よりは速くなっているが、目標のレースには、やるべきことがたくさん!
さぁ11月のツール・ド・おきなわ130kmまで弱点克服だ!
写真は表彰式と岩見沢公園の観覧車。地元中学生のデートスポットだ。

写真はスタートを待つ愛車、ゴールのいわみざわ公園での表彰式と観覧車。


090912_0824~01.JPG








090912_1325~01.JPG
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツール・ド・北海道市民レース 初日:タイムトライアル

今年で3回目のツール・ド・北海道市民レース。初日は恒例のタイムトライアル。
1.1kmという短いコースながら、舗装から崩れた小石や噴水での折り返し、滑りやすい路面などテクニカルなコースだった。試走では行きたいラインを走れたが、本番では少し外れてしまった。TTというより、スプリントでもがく感じではしったが、去年の中団より上ではなく、下の順位。TTの練習は必要だ。ただ、カラダは動いたので、翌日に向けてはよい感じだった。
写真はレースの告知、表彰式、幼い時からの見慣れた風景&今では癒される風景。


090911_1512~01.JPG







090911_1516~01.JPG







090911_1610~01.JPG
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

第26回シマノ鈴鹿ロードレース

8月29〜30日は、第26回シマノ鈴鹿ロードレースに参加しました。

僕にとって、初めてのロードレースの大会であり、My classic raceの一つ。今年で8回目の出場です。毎年、8月最終土日は原点に立ち戻る気持ちです。

29日(土)はOpenU、OpenT、チームTT、2時間耐久(2人)に参加。
30日(日)はエリートに参加。

備忘録として、簡単なレースレポを。

OpenU
今年から、3周から5周となったOpenU。
クラス名は変わらないが、やはり参加者の速さは3周より上。
集団ゴールを目指したが、2周目に入ったホームストレートで遅れが顕著に。
輪行で徐々にサドル高さが低くなっていたのか、尻が前にずれて走るはめに。
尻とサドルはクルマでいうとエンジンとフレームの接続位置に相当するので、
ズレは禁物なのだが、ペダル効率が落ちてパワーが伝わらない!
マズッ!いつもの走りの感触ではない!と思ったが、後の祭り。
あと、集団の速度の緩急と登りに対応できなかったのも敗因。
やはり、毎日、数分でもキツイメニューを取り入れないといかん。
疲れているから、ペダルを廻そうくらいじゃいかんのだ。

OpenT
毎年出ている3周クラスなので、ベンチマークとして出場。
'08年は豪雨の為、新記録とならなかったので、'07年の自己記録を
狙った。しかし、OpenUと同じ流れで自己新ならず。
敗因はいっしょだ。
やはり、ロードはゴールスプリントを味わいたい。

チームTT
前職の会社チームメンバーと出場。
OpenU、OpenTでポジションがズレたまま走ったことで、余計に太ももを
使ったことから、スタートのホームストレートから、足が売切れ。
エースに引いてもらい、体重を活かせる下りで引く。
自分の足の売り切れを指摘されたが、今まで参加したTTTでは一番良いタイム!
売り切れ部分があったが、出力は上がっているからか?

2時間耐久(2人)
これも前職チームの先輩との恒例クラス。
今年は3周ずつでの交代。
これで、ピットロスを防げたので、'04年、'07年以来の12周。
実際には13周していたが、2時間時点での周回が結果としてカウントされるからか?
今年の鈴鹿で一番、上手くいったレースだった。
途中、片山右京さんと走るが裏ストレートからヘアピン前までしか付いて行けず。
小ぶりなお尻が意外だったが、しっかりした筋肉だった。さすが、元F1ドライバー!

エリート
昨年は周回遅れでDNF。今年は完走を狙うが、DNF。
つかまる時間は遅くなったが、いかんね。
単独走での速さは増しても、集団で走れなきゃ、結果に結びつかない。

やはり課題は集団の緩急と登りで着いて行けえうチカラ。
そして減量。今年は6月から2−3kg重い。

今週末からツール・ド・北海道なので、今持っている力を最大限出すしかない!
あと、食べ過ぎ要注意!


090829_1834~01.JPG








090830_1128~01.JPG








090830_1559~01.JPG
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。