2009年12月29日

年賀書き書き

平日の遅い帰宅&3週連続のレース&食事会で、
やっと年賀を書いた。

絵柄も宛先もPCまかせなので、コメントに
集中して書けた。

スッキリした〜!
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

パワーデータ@ロードレース

昨年の6月からパワーメーターのiBikeを装着している。

アベレージで200Wに達しないのは、
目標とするレースで、レースらしい走り
の以前に完走レベル。

来年は体幹を鍛え、インターバルで
高強度に耐えなければ!

80台のケイデンスが多いな。
ヒルクライムでのテイデンスの
低さは、なんとかしたい。


Power meter data 091215.JPG





Power meter data graph 091215.JPG








posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海の中道3時間耐久MTB選手権2009第2戦

シーズンオフの飲み会でカロリー過剰になるのは
避けたいし、 来シーズンのおきなわ130kmこそ
完走したいので、 体をできるだけ動かす!

そんなわけで、海の中道3連戦の第2戦。

グラフは昨日('09年12月)と前回('09年03月)、
前々回('08年12月)のレースデータ。
全般的に速くなっているのが一目瞭然!

6分台にタイムが落ちたのが27周からと、
コンスタントに5分台でラップを刻めた。
しかし、おきなわを考えるとマダマダ。

密度の濃い練習をしよう。
来年は体幹を鍛えて、体幹で走れるようにせねば。

順位は苦手なMTBで総合、ソロでも真ん中あたり。
まーまーか。

サイクルコンピューターのデータ
Tm:3:05.55,
Mx:41.9 <-タイヤ幅を2.2inchから2.0inchに
戻したのがアスファルト区間での スピード
維持とハンドリング向上に役立った。
前回は前輪がヒューヒューと音を立てる程、
風の抵抗を受けていたので。

Ave:19.1
Dst:57.75

心拍計のデータ
1,772kcal, Tm:3:05:55, Mx:180, Ave162
Uminaka091213.JPG
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

レースレポート('09/9-11)

なんだか、9月から12月まではあっという間だ。
レースのデータ整理、レポートもしてなかったし。
仕事は事業計画絡みで忙しいモードが継続中。

でも、来シーズンに向けて始動しないといけないので、簡単にまとめておこう。


【第19回 英彦山サイクルタイムトライアル大会】
主催:英彦山サイクルタイムトライアル大会実行委員会
'09年9月27日
【結果】
Time 0:59:921
順位Bクラス90位/113人完走中(トップから+0:17:4917)
  総合187位/269人中(トップから+0:21:483)
【感想】
昨年は豪雨で中止になったので、初走行。
ヒルクライムの能力は相変わらず。
以前、出場したしらびそ、勝山より厳しい斜度で、
'06年の佐渡トライアスロン以来、バイクから降りたくなった。
ボランティアが撮ってくれた動画を見ると、芯のない動きで
パワーロスが大きいフォーム。アカンっ!
これを機に、コンパクトクランクを思い立ったのだが...

ちなみにYouTubeの2009英彦山サイクルタイムトライアル
part3 で8:50頃に僕の走りが出てくる。

バイクは安く購入した'07モデルのパナチタンで走ってみた。


【第17回山口徳地MTB大会】
主催:MTB運営委員会(MTB実行委員会、国立山口徳地青少年自然の家)
'09年10月4日
【結果】
2時間耐久(ソロの部)29位/89人中 6laps(トップから-2laps)
Tm:2:01:48 Mx:47.9km/h Av:15.2km/h Dst:30.86km
【感想】
3月以来のMTBレース。長い登りと下りに終盤のテクニカルなコース。
岩場などが入り組む細かい登り&下りでは、いいペースで抜かせたが、長い登りで抜き返されるなど、タイムロスの主要因は登り。減量+パワーアップが必要だな。

【中国サイクルグランプリ'09】
主催:広島県自転車競技連盟、(財)中央森林公園協会
'09年10月18日
【結果】
インターミィディエイト3周回(36.9km)
順位 40位/43人完走中(47人出走中)
Time 4:13.08(トップから0:13:42遅れ)
【感想】
日本選手権が行われる広島空港横の中央森林公園が舞台。谷のようなコース。
このレースからコンパクトクランクを導入したが、3月のレースと比較して4分速くなりました。
序盤に登りで付いていける区間が伸びて判ったのだが、下りでも集団から遅れをとっていることが判明!
いろんな面で、一からやり直しです。
パワーバイクの出力は3月より47w多くなっていた。

【ツール・ド・おきなわ2009】
主催:NPO法人 ツール・ドおきなわ協会
'09年11月8日
【結果】DNF(90km地点の高江でタイムアウト)
本来の関門閉鎖が11:35分のところ、一時中断で
0:00に閉鎖のところ0:25分に到着

【感想】
去年は雨でプロのレースペースが遅くなり、
スタートが30分遅れた結果、完走率が30%台で
DNFと涙を飲んだので、今年はリベンジを目指した。
しかし、甘かった。
去年より進歩したけど、ペースが足りない。
単独で走る区間が多く、パワーを浪費。
ジェル5本にパワーバー2本でもハンガーノック
になり60km地点では力尽きかけに。
しかし、前方で大集団を発見!
みんな止まっているではありませんか?
事故?にしては静かだし、200kmクラスも前方に待機。
どうやら中断らしいと聞き、集団に付けるか?
と淡い期待を抱きましたが、ハンガーノックで再開後もジワリジワリ集団から離れた。
2回目の普久川ダムを過ぎてから高江までの下り、上り
では体が動かなくなり、普通なら時間制限がなければ
全区間走れる!と思うところ、「もう走れない、解放してほしい」と思うほどに消耗。
高江でタイムアウト。バーで封鎖された道を見た時は
力不足と救われた感を感じるほど。
パワーメーターでデータを見たところ、激坂で有名な
普久川役6kmはトップ集団から5分遅れでした。
これが、致命傷。また、出直します!

ちなみに1.5ヶ月で5kgを減量したのに、レースの2週前のマレーシア出張で3kg戻ってしまった。
コンディションが良くても完走は難しかっただろうが、70.5kgでレースに臨みたかったなぁ。
ちなみにレースの中断は、歴代最高速?で進行していた200kmクラスがプロの国際クラスに追いつきそうになったために一時停止させられたとのことです。

hikosan2009152.jpg


                      
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。