2010年11月29日

ツールド福岡 クリテリウム一般男子

今年最後のレースのツールド福岡、
クリテリウム一般男子。
せっかく集団にいて様子を見ていたのに、
何でもない直線で、後ろから追突され、
ディレーラー変形。集団から離れてリタイア。
その後、プロのレースを観ずにショップへ。
曲がっていたのはディレーラーではなくエンドだった。
交換式ではないので、厄介だ。んもぅ〜。
しっかし、何で直線で突っ込んで来るんだよ!
ガリガリガリッてスゴイ音だった。
写真は追突者の前輪スポークで削れたシート
ステーのシール。名前が削れている〜。
シール貼ってて良かった。
ディレーラーも。



101128_1332~01.jpg






101128_1332~02.jpg





posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

auoneブログサービス終了って

この使いづらいサービスが、いつまで続くのか?
と思っていたが、撤退を検討中だったか。
数年前はauは先進的なイメージだったが、
最近は埋没してるな。携帯も換えようかな。

http://blog.auone.jp/service/info_detail/?InfoID=1752
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

ツール・ド・おきなわ140km 弱点を探る

おきなわでのタイムロスは坂。

坂で圧倒的に遅れることで、タイム自体の
影響だけでなく、 集団から分離してしまう。

ここをなんとかせねば。

さて、自分の普久川での走行データ。

速い人(チャンプクラス)から6分(1回目)、
12分(2回目)の遅さ!
2回目のタイムとケイデンスの落ちが激しい!
1回目は昨年のコンパクトよりケイデンスが
落ちているが、 2回目は変わらないのは、疲れ
果てると効率が悪く、 最低限の回転になるからか?

ここが指摘されている、パワーロスな
ペダリングの影響なんだろうな。

せめて1回目は3分、2回目は7分短く
できたらいいな。
10分の短縮と集団に残る確率アップだ。

奥で3分、高江で3分としても16分の短縮。
まず、最終の川上関門までは確実に行ける。
これでも足りないが、あとは集団で廻す
チャンスを逃さないことか???

【2010年】ノーマルクランク(53/39)リア(12-27)
-----------------------------------------
    Dst Time Ave watt RPM
普久川1 6.4 0:21:58 17.8 Data NG 72.2
普久川2 6.4 0:27:05 14.2 Data NG 62
-----------------------------------------

【2009年】コンパクトクランク(50/34)リア(12-25)
-----------------------------------------
普久川1 6.4 0:21:14 18.1 258.8 81.6
普久川2 6.4 0:31:06 12.6 164 60.8
-----------------------------------------

参考)--------------------------------------
数年前の200kmチャンプのデータ(ブログより拝借)
普久川1: 6.4km、15分07秒、308W、174拍、82回転
普久川2: 6.4km、15分57秒、283W、172拍、74回転
-------------------------------------------
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おきなわ完走に向けて

体調が復調してきたので、ここら辺で来年への対策を考えよう。

そもそも、練習の絶対量が少ない!
しかも例年7月の練習量が極端に少なくなる。夏バテと仕事の繁忙期か。

継続的に強度を上げるトレーニングをしよう。

【ベースの部分】
○平日のトレーニングの阻害要因
朝:苦手な朝。冬の寒さと暗さ。
  解決策:早く寝る?
       いつも深夜まで、いろいろしているから、”やること”と
       ”やらないこと”のメリハリを付ける必要があるなぁ。

夜:実走しても危険な田舎マインドな暴走車。危険なので、強度を上げられず。
  解決策:ジムで心拍を上げるトレーニングをする。そして体重増加も防ぐ。

○休日
走れる時:100kmオーバーのロングライドで、強度アップを織り込む。
走れない時: メディオ、ソリアなど強度アップをメインで織り込む。


【食生活】
深夜帰宅しても、カロリーの少ない食事を摂る。
蒸し野菜をメインで食べる。

酒は飲まない方が良いのは、先日の風邪で実感。

そして標準体重まで減らしたい。
毎日-400kcal/dのレベルだ。


【ダルさを取る】
やはり温かい風呂でカラダをほぐすのは必要か。
毎日のストレッチ。


一気にしようと思ったら気が重たくなるので、少しずつやろう。
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

ツール・ド・おきなわ140km反省記※加筆修正・追記

ペーストした文章が一部切れていたのを修正&
加筆、データ追記。

ついに来てしまったレース当日。
1年前には、しっかり練習して標準体重を
下回っての出走のはずが、儚くも夢破れた
体重でレースに臨む。

中国出張での紹興酒一気地獄(ワイングラスで
9杯Over)、(風邪での扁桃腺の腫れなどで10月
の練習が343kmと、記録を付けた'07年からで一番
練習できていない年になってしまったが、そこは
自転車にかける執念が少ないということなのだろう。食欲の方が強い?

ここまできたら、やるしかない気持ちでスタート!
普久川に登る前の何でもない国道58号線の海岸
沿いを走行中、目前で、いきなりの落車。
目の前で危うく難を逃れた。
平凡なところで参ったよ。

右折して、すぐに左折したら普久川への登り。
ありゃりゃ2kmくらいから遅れちまった。
Fさんの背中もすぐに消えてノコノコ登る。
22分位でクリア。補給所ではオリジナル
ボトルをもらうために、あえて自分のボトル
を捨てたが、もらったボトルは水が1/3しか
入っていなかった(泣)中盤の20km弱を水分なし
で走ったので、ミーハーなことをしなければ
良かったと後で後悔。

去年はこの時点(普久川クリア後の東海岸沿い
18-34km区間)で単独行になってしまったが、
今年は10人くらいの集団で奥(35km地点)を
目指す。名古屋のLチームの3人が集団を牽いて
くれてるが、後続があまり交代しないので集団は
スピードダウン。

そんな内に自分に順順番が廻ってきて、登りで
牽きかけるが、210kmの先頭集団が来るCOMカー
のアナウンスで集団は細長くなり、中途半端な
牽きかけになる。

先導車が来てから間が続いたあと、数分?の
間があった後に210kmの先頭集団が軽々と140km
戦士を抜き去っていった。既に100km走っている
のに、あの軽やかさは何なんだ?

練習量、根性が違いすぎるね。

その後、210km第2集団が奥の登り(35km地点?)
で抜き去ってから辺土岬前で210km第3集団が
すごい人数で迫ってきた。
自動的に列車に合流。なんと2回目の普久川までの
15km余りを平均時速42km/hで駆け抜けてしまった。

分かっているけど、遜団はこんなに楽なんだね〜。
それでも脚が攣ってきていた自分は修行不足。

夢のツアーの後は2回目の普久川。
既に脚が攣っているので、列車からはチギれ、
ペースダウンで登る。
登り始めは11:00前で普久川2回目関門閉鎖の
約1時間前。
2回目は当然ペースが落ちて27分と、
1回目より7分も遅いかった。
ダンシングでは、皿の横が攣ったままで半分
ダンシングになっていた。

2回目の補給。右側の水を狙っていたが、前走者
が取っていたので、ボトルを持っている人が
いなくなった!

あわてて、「水!水!」と叫ぶが、誰も持って
おらず、みんな笑っている〜。
そりぁ、面白い光景でしょうけど、こっちは必死!
続けて叫んでいると、左側の女性がこっち〜と合図。

ありがたく”女神”からボトルを頂き、一安心!

少し登って普久川2回目クリア!(65km地点)
次は昨年DNFになった高江関門(102km地点)へ向かう。
この時点で11:20。閉鎖時刻は12:30なので、
イケるペースか?と思ったが、消耗し過ぎた
脚は動かず、高江関門閉鎖の10分前の
12:20に通過。まだ係員はいなかった。

高江を過ぎたといっても、平良関門へは13kmを
30分以内、つまり平均26km/hで走らないと
行けないのだが、まだ残っている登りで、
そんな速度は出せず、平良関門閉鎖の2分前の
12:48頃に通過。
係員のオジさん達がイケイケと言ってくれる。

この頃(102-120km地点から)には、雨が
降ってきて、尻からなんから造ちょ造ちょ。
幸い、海沿いの風が強くなかったのが、
単独走行には助かった。

ほぼ力果ててた時(天仁屋付近?)に10人
位の集団が迫ってきて、合流の誘いをもらい
スピード回復!
あれだけ遅くなって、脚は攣りっ放しだったのに、
また30km/h台中盤へ復活。
やはり、10数人レベルの遜団に
入り続けないといかんね〜。

途中、200km戦士に登りのペダリング指導を
受けて楽になるが、残された時間はなく、
13:30閉鎖の安部関門に5分遅れで到着
してタイムアウト。

今年最大のメインレースはゴールまで20km
を残して終わった。

体調不良の割には、うまくレースをまとめて、
これまでで一番ゴールに近づいたが、根本的に
練習不足。

さて、2011年シーズンを見据えて、
ベースからいろんなことを練り直そう。

写真は会場近くの有名な樹の”さんぴん
がじゅまる”、特設会場、 名物の豚の
丸焼きとオリオンビール!

[iBike Data]
-------------------
Distance 119.59 km
Riding Time 4:29:31
Cals Burned 1418 kcal

Avg Max
Power --- --- ←データがおかしいので削除。
Speed 26.6 77 km/h
Wind 27.1 163 km/h
Caden 73.0 144 rpm

Climbing 1875 m
Elev -83 to 267 m
Slope -12.9 to 13.8%
--------------------

[Heart Rate Monitor]
---------------------
Consumption cal 4,113kcal
Time: 4:30:11
Max HR 198
Ave HR 166
---------------------




101114_1637~01.JPG







101114_1703~01.JPG







101114_1705~01.JPG

posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 03:35| Comment(3) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

ツール・ド・おきなわ140km備忘録

忘れないうちに、来年への参考のため、
ツール・ド・おきなわの備忘録を。


レース前日
試走で延長区間を走ったが、カラダがダルかった。
扁桃腺が少し腫れている。

就寝前
マッサージ、ストレッチ、サプリ(鉄、亜鉛、
ビタミン)摂取

レース当日
目覚め良し!


レース補給食
PowerGel 4個
梅丹 サイクルチャージ2個
パワーバー2個(1個の半分食べただけ)
種無し梅干 *脚の攣りに役立った。


水分補給
レース前 ボトル2本

普久川(1回目)  
ボトル1本(水) しかし1/3だけ。
※本来、必要ないが、大会のボトルが
欲しかったので、補給[m:242]

普久川  ボトル1本(水)

慶佐次  ボトル2本(水)


関門通過時刻
-----------------------------------------------------------
           距離  関門    通過  残り時間
普久川(2回目)  70  12:00    11:20   00:40 *登り始めは11:00
高江         89  12:30 12:20 00:10
平良        102  12:50    12:48 00:02
安部        120  13:30 13:35  -00:05 *タイムアウトでDNF
川上        136  13:55    
ゴール       140 14:15
-----------------------------------------------------------
完走の為には、普久川を11:00には通過する必要があるな。

<>
Ave spd 26.6km/h
Ave watt 80 w
Ave cadence 37
Max spd 77.1km/h
Max watt 1,396w
Dst 119.8km
Time 4:30:26

<>
Consumption cal 4,113kcal
Time 4:30:11
Max HR 198
Ave HR 166


優勝者のタイムは4時間08分06秒だから20数km遅いということか?





Okinawa140km 101109.JPG



posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

ツールドおきなわ140km関門・距離表

いよいよ週末に迫ったツールドおきなわ!

ギリギリ完走を目指す僕には関門時刻・距離表が必要。
去年は知人に好評だった小道具!(本人はDNFだったが)

表の見方は、D-Avが前区間から必要な平均速度、
T-AVがスタートからの累積で必要な平均速度です。

誤差は保証しませんが、使用はご自由に!




Okinawa140km 101109.JPG


posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:28| Comment(3) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。