2010年04月11日

2/28 海の中道3時間耐久MTB選手権2010第1戦

備忘録に、今更だがレースレポ。

海の中道3時間耐久MTB選手権2010第1戦
ソロ3時間

【結果】
総合60位/83人中、ソロ17位/27人中
Time: 3:03:21.733、Lap:29laps
(トップから-10laps) 平均:17.08km/h

【感想】
2010年シーズン最初のレース。
年明けから多忙状態が続いて、なかなか
疲れが取れない&練習不足での参加。

昨年12月のレースでは2時間30分時点まで、
5分台/1.7kmだったが、序盤から5分台後半、
2時間目には早くも6分台に突入。

コースのライン取りも鈍く、平地でも重い、
進まないで、トレーニングと割りきって走るも、
練習不足の恐ろしさを感じた。

早く巻き返さないと!

posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

オール九州3時間ロードレースinオートポリス 2010第1戦

大分県は日田市のオートポリスサーキットで、
今シーズン初のロードレース!

練習不足なので、できる限りベストを目指す。
途中の菊池市では桜が満開なのに、サーキット
では雪がちらついてました。

気持ちは春全開だったので、ロングパンツ
を忘れてショートパンツで走ることに。
さらに通気性の良すぎるSpecialized S-works
シューズで、親指がギンギンに冷えて、踏み
込むどころではなかった。

さらに、変速が全域にわたって、調子が
悪くなったので、登りではトラクション
がかけられず。

結果、3時間耐久ソロで、'09年4月の
34Lapsから-4lapsの30laps。
'08年7月の28lapsよりは多かったからマシか。

写真は、阿蘇の牛、春の訪れの菊池市の桜、菜の花。





100328_1153~01.jpg







100328_1207~01.jpg

  





100328_1215~02.jpg






posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

天草サイクルマラソン

今年最初のロードバイクイベント。
レースではなく、センチュリーライド。

年明けから多忙&体調低調だったので、
トレーニングの位置付けで参加。

前日からの雨が、うまく止んでくれたが、曇り空。

135kmのAコースは9:00に出走だったが、
105kmのBコースは9:50の出走。

まだ肌寒い中、足踏みをしながらスタートを待つ。
遅れたのは昼食の準備が遅れたためとのこと。
レースではないし、ボランティアの地元の方に
お世話になっているのだから気長に待つ。

15秒毎に5人ずつスタート。
集団で走るのかな?と思いつつ、いずれバラける
からアップしてもいいだろうと思い負荷をかける。

体幹を使うのを心がけながら、激坂ではない
坂を登って、左右に続く下りを気持ちよく下る。
PanaチタンのFCT-19の柔らかくも、金属
特有のしっかり感が心地よし!

1時間ほど走ると昼食会場。
前日、博多の焼鳥屋で食べ過ぎで、朝食を
抜いたので、昼食が当日最初の食事になった。

おにぎりに豚汁が美味しい!

柚子胡椒を入れると更に美味!
梅干で塩分を補給して再開。

やはり、休憩すると動きが悪いのか、
登りが少々キツく感じる。

そのうちに、海岸線道路から海面を
下に眺める絶景を見ながら走るが、
正面からの向かい風が強烈。
結局、30kmに亘って、他の人を引く
が60km地点で力尽き、単独走行に。

引張ったのに、置いていくんだね。。。(寂)

3枚目の最終エイドには12:40頃に到着。
強風のため、先頭グループは例年より30分
くらい遅かったそう。
なので、ビギナーではリタイアも、
そこそこ出たと耳にした。

5月の天草トライアスロンと同じコースも走り、
天草工業高校を過ぎてからは、待望の追い風!

楽チン楽チンで40km/h走行も復帰。

14:10頃にゴール!で、4:20分。
実走3:48、平均25.6km/h(遅い)。
15人くらい先着していたが、帰っている人
もいるので、20-30番目だったのだろうか?

サービスのお汁粉の甘さがありがたい。

地元名産の、こっぱ餅、味噌漬け、手作り醤油、
みかん?(ぽんかん?)を買い、道の駅リップル
ランドの温泉で体をほぐしてリフレッシュ。

やっぱりバイクは楽しいもんだ。

ちなみに、こっぱ餅とは乾燥させたサツマイモと
もち米、上白糖からなる薄くきって焼くとホクホク
&香ばしい餅です。ウマイ!

走った経路はこちら。
iPhoneのバッテリーが半分だったので、
2時間40分の46km地点までのデータです。
http://bit.ly/dCgxLA

天草名産 こっぱ餅
http://www.t-island.jp/tokusan/pub/detail.asp?c_id=11&id=53&mst=4&src_wd=&pg=1

主催の熊本県サイクリング協会
http://www11.plala.or.jp/kca/

写真はスタート会場近くの、お寺前の菜の花、
昼食会場でのgood ideaなカップ回収器、愛車
パナチタンFCT-19。

もうすぐ春♪

のはずだったが、その後、冬将軍が
再来したのであった。


主催の熊本県サイクリング協会の皆さん、
ボランティアのみなさん、声援をくれた
地元の方、ありがとうございました!



100307_1507~01.jpg








100307_1116~01.jpg











100307_1117~01.jpg








posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

海の中道3時間耐久MTB結果

練習不足で29周回でゴール。

'0812 31周
'0903 29周
'0912 33周

やはり年明けは練習不足だな。仕事の急がしさの中で、
効率的なトレーニングをせねば。
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

ツール・ド・おきなわ 便利グッズ1(130km関門時刻表)

2010年シーズンに気合を入れるべく、
目標のレースの話を。

ツール・ド・おきなわで完走を目指す人にとって、
大問題なのが関門の時刻。

’08年130kmのリベンジで’09年
完走を目指して作ったのがこれ。

パンフレットの関門箇所、時刻とネットの
地図サービスをもとに作った距離、時間、
平均速度表です。
*距離に多少の誤差はあります。

@Timeは関門閉鎖時刻(予定)

 但し、レースの流れで延長の場合あり。
 '08年は源河は13:00まで延長。
 '09年は高江は12:00まで延長。

ADstはスタートからの関門までの累積距離

BD-Avは、各関門をギリギリで通過した場合の、
 次の関門までの平均時速。
  
 普久川2回目(普2)から高江は下りがある
 といっても57km/hと、 とんでもない速度になる
 ので、普久川をギリギリで通過した時点で、
 高江でTime Outですね。

CT-Avはスタートから関門までの通算での平均時速。
 
たしか作成はMAPPLEの”ちず丸”を使った
と思います。
道も半自動でフォローしてくれるので、楽です。

他の公道レースでもどうぞ!
http://www.chizumaru.com/route/alongroad/

ところで、肝心の成果だが、作成した本人は
高江でTime Outでした。
同宿のゲンさん、友人のちゃりけんさんは
見事完走でした。
他にもスタート地点で配った岡山大学の
学生さんも完走したかな?


ツール・ド・おきなわ ツールド沖縄
関門 時刻 距離 完走 130km 130km


Okinawa130kmA.jpg

posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

札幌国際スキーマラソン(レースレポ)

今年はスポーツ関連費削減で、
練習しないまま本番へ。

’08年2月の同大会以来の
XC(クロスカントリー) Ski。

足切地点の30kmまでは3時間52分と、
前回とほぼ同じタイムで通過。
しかし、後半で1時間遅れる大失速。

原因は、自転車用冬パンツの縫製の折り目。
暖かいから良いかと思ったのだが...

ここが、シューズを締める部分と重なっていた
ので、徐々に痛みが増してきたのだった。

おかげで、後半は心拍が70程度なのに、
動けない状態に。

辛過ぎて、心の中で、オリンピック応援
ソング?のドリカム
『GODSPEED』を思い浮かべながら走った。

自己ベストの5時間30分切りどころか、
完走が精一杯。
やっぱり、機材、ウェアは本番ぶっつけはダメだな。

結局、7時間弱でゴール。

ゴール地点で豚汁が売切れてなかったのが、救いだ。

途中、原因が分からず、年齢による体力衰退?
来年は25kmにしようか?など思うが、
50代の人も自分より速く走っているし、
まだ改善余地があるから、やっぱり来年も
50kmに出場しようかなんて思う。

しっかし、’07年、’08年に比べて、
今回(’10年)のダメージは大きい。
ケツの筋肉が痛い。

レース後は体力消耗で、口内炎が出ないように、
たくさん食べた。

写真は、札幌ドーム、My Ski、控室にて。




100214_0720~01.JPG







100214_0821~01.JPG










100214_0821~02.JPG









posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

第30回札幌国際スキーマラソン

14日は札幌国際スキーマラソンなので、金曜に博多入りして焼鳥、
土曜朝に飛行機のつもりが、残業でおじゃんに。
家事をして、こんな時間。昨年は祖母の四十九日で欠場した2年ぶりのマラソン。
今年の記録はいかに?2年前の’08年は’07年から30分遅れての6時間だった
ので、今年は’07年の5時間30分を切ること。
そして、ゴール後の豚汁が売れ切れにならない時間帯にゴールすること!

こんな大会です
http://www.shsf.jp/ski/

ちなみに距離は最長の50km。

posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

2010年ツールド北海道日程決定!

ツールド北海道日程決定!

今年も市民レース参加しよう!9/18-20の3連休です。
http://www.tour-de-hokkaido.or.jp/

9/18 タイムトライアル 倶知安総合体育館付近

9/19 ロード
  100km 伊達市大滝〜恵庭駐屯地
   50km 支笏湖畔  〜恵庭駐屯地

9/20 クリテリウム 札幌モエレ沼公園

9/19は'07年のコースと被るかな?

前半の上り区間が勝負だ!


posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

'09年12月のレース

なんだか忙しい日々が続いていたので、レースレポも
遅くなってしまった。'09年12月の3連戦レポート!

’09年12月6日
【カーフマンジャパンシーズン8】
第2戦:九州ステージ 国営海の中道海浜公園
Run1:2km、Bike:8km、Run2:2km

【結果】エイジクラス予選(2組):26位/29位(+0:5:44)

予選2組:26位/29位(+0:5:44)

Cycle Computer
Dst7.76km Av:30.3km/h Mx37.7km/h Tm:0:15:29

iBike Data
Av184w Av26.9km/h 60RPM Mx38km/h 453w 103RPM

Heart Rate Monitor
Tm: 0:36:56.84 Mx:226 Ave187 625kcal

Lap data
Total 0:36:56.84
Lap1(Run1) 0:08:56.53
Lap2(Bike1) 0:03:10.75
Lap3(Bike2) 0:02:59.38
Lap4(Bike3) 0:02:56.48
Lap5(Bike4) 0:02:55.30
Lap6(Bike5) 0:03:003.52
Lap7(Run2) 0:12:54.58


【感想】
他のコースは通常、Run1:5km、Bike:20km、Run2:5km
だが、福岡は2km-8km-2kmで、予選で勝ち上がる形式。
バイクが短いので、ランのビハインドを背負ったままの順位。予選から決勝に進出できず、順位決定戦で終了。ランでもバイクでも、ウェイトオーバーではマダマダ。
バイクはトランジットのある1周目と7周目以外は
2:55〜2:59とコンスタントなラップ。
従兄弟から貰ったイワイワイクルのクロモリ(IWAI
Brev)で参戦したが、短距離なので、カーボン、アルミフレームとの差はない。


'09年12月13日
【海の中道3時間耐久MTB選手権2009第2戦】

【結果】
総合:57位/116チーム中、ソロ:23位/40人中

Ave:19.1km/h、Time: 3:05:41.707

Laps33laps(-6laps from Top)



Uminaka091213.JPG






【感想】
海の中道公園内でアスファルトと公園の芝生、
森を利用したコース。平坦基調だが、後半の登りで
足にキます。いつもの晴れとは違い、小雨で芝生が
ドロドロ。下りではコケるバイクが続出。
2時間30くらいまで1.75km/周を5分/km台でラップ
できたので、1年前に比べると確実に速く、
自己ベストの33周と前回より4lap、前々回より2lap
多く走れた。
しかし、ツールドおきなわで、しっかり完走するチームの人は、さらに4lap以上多いので、要練習だ!


'09年12月20日
【スーパークリテリウム2009 IN海の中道】

【結果】
ノービスB 12km(1.5km/lap x 8laps) 8位/16人中
Time: 0:24:31.892(トップから+02:28.06)
Dst 12.7km Av: 29.6km/h


【感想】
カーフマンと同じコース。
短距離なので、レースらしくしようと思い、
1周目から集団トップで走ったが、ひどい強風の中、ジワリジワリと差を広げられて単独行。中盤から2人で回してなんとか、トップと同一周回でゴール。
集団内での加速、向かい風で耐える力が不足。
'09年は自分としては一番多い5,300km/年の練習
距離だったが、さらに距離を伸ばすとともに、
高強度での練習が必須。

2010年は
体幹、筋力!

posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

海の中道3時間耐久MTB選手権2009第2戦

シーズンオフの飲み会でカロリー過剰になるのは
避けたいし、 来シーズンのおきなわ130kmこそ
完走したいので、 体をできるだけ動かす!

そんなわけで、海の中道3連戦の第2戦。

グラフは昨日('09年12月)と前回('09年03月)、
前々回('08年12月)のレースデータ。
全般的に速くなっているのが一目瞭然!

6分台にタイムが落ちたのが27周からと、
コンスタントに5分台でラップを刻めた。
しかし、おきなわを考えるとマダマダ。

密度の濃い練習をしよう。
来年は体幹を鍛えて、体幹で走れるようにせねば。

順位は苦手なMTBで総合、ソロでも真ん中あたり。
まーまーか。

サイクルコンピューターのデータ
Tm:3:05.55,
Mx:41.9 <-タイヤ幅を2.2inchから2.0inchに
戻したのがアスファルト区間での スピード
維持とハンドリング向上に役立った。
前回は前輪がヒューヒューと音を立てる程、
風の抵抗を受けていたので。

Ave:19.1
Dst:57.75

心拍計のデータ
1,772kcal, Tm:3:05:55, Mx:180, Ave162
Uminaka091213.JPG
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

レースレポート('09/9-11)

なんだか、9月から12月まではあっという間だ。
レースのデータ整理、レポートもしてなかったし。
仕事は事業計画絡みで忙しいモードが継続中。

でも、来シーズンに向けて始動しないといけないので、簡単にまとめておこう。


【第19回 英彦山サイクルタイムトライアル大会】
主催:英彦山サイクルタイムトライアル大会実行委員会
'09年9月27日
【結果】
Time 0:59:921
順位Bクラス90位/113人完走中(トップから+0:17:4917)
  総合187位/269人中(トップから+0:21:483)
【感想】
昨年は豪雨で中止になったので、初走行。
ヒルクライムの能力は相変わらず。
以前、出場したしらびそ、勝山より厳しい斜度で、
'06年の佐渡トライアスロン以来、バイクから降りたくなった。
ボランティアが撮ってくれた動画を見ると、芯のない動きで
パワーロスが大きいフォーム。アカンっ!
これを機に、コンパクトクランクを思い立ったのだが...

ちなみにYouTubeの2009英彦山サイクルタイムトライアル
part3 で8:50頃に僕の走りが出てくる。

バイクは安く購入した'07モデルのパナチタンで走ってみた。


【第17回山口徳地MTB大会】
主催:MTB運営委員会(MTB実行委員会、国立山口徳地青少年自然の家)
'09年10月4日
【結果】
2時間耐久(ソロの部)29位/89人中 6laps(トップから-2laps)
Tm:2:01:48 Mx:47.9km/h Av:15.2km/h Dst:30.86km
【感想】
3月以来のMTBレース。長い登りと下りに終盤のテクニカルなコース。
岩場などが入り組む細かい登り&下りでは、いいペースで抜かせたが、長い登りで抜き返されるなど、タイムロスの主要因は登り。減量+パワーアップが必要だな。

【中国サイクルグランプリ'09】
主催:広島県自転車競技連盟、(財)中央森林公園協会
'09年10月18日
【結果】
インターミィディエイト3周回(36.9km)
順位 40位/43人完走中(47人出走中)
Time 4:13.08(トップから0:13:42遅れ)
【感想】
日本選手権が行われる広島空港横の中央森林公園が舞台。谷のようなコース。
このレースからコンパクトクランクを導入したが、3月のレースと比較して4分速くなりました。
序盤に登りで付いていける区間が伸びて判ったのだが、下りでも集団から遅れをとっていることが判明!
いろんな面で、一からやり直しです。
パワーバイクの出力は3月より47w多くなっていた。

【ツール・ド・おきなわ2009】
主催:NPO法人 ツール・ドおきなわ協会
'09年11月8日
【結果】DNF(90km地点の高江でタイムアウト)
本来の関門閉鎖が11:35分のところ、一時中断で
0:00に閉鎖のところ0:25分に到着

【感想】
去年は雨でプロのレースペースが遅くなり、
スタートが30分遅れた結果、完走率が30%台で
DNFと涙を飲んだので、今年はリベンジを目指した。
しかし、甘かった。
去年より進歩したけど、ペースが足りない。
単独で走る区間が多く、パワーを浪費。
ジェル5本にパワーバー2本でもハンガーノック
になり60km地点では力尽きかけに。
しかし、前方で大集団を発見!
みんな止まっているではありませんか?
事故?にしては静かだし、200kmクラスも前方に待機。
どうやら中断らしいと聞き、集団に付けるか?
と淡い期待を抱きましたが、ハンガーノックで再開後もジワリジワリ集団から離れた。
2回目の普久川ダムを過ぎてから高江までの下り、上り
では体が動かなくなり、普通なら時間制限がなければ
全区間走れる!と思うところ、「もう走れない、解放してほしい」と思うほどに消耗。
高江でタイムアウト。バーで封鎖された道を見た時は
力不足と救われた感を感じるほど。
パワーメーターでデータを見たところ、激坂で有名な
普久川役6kmはトップ集団から5分遅れでした。
これが、致命傷。また、出直します!

ちなみに1.5ヶ月で5kgを減量したのに、レースの2週前のマレーシア出張で3kg戻ってしまった。
コンディションが良くても完走は難しかっただろうが、70.5kgでレースに臨みたかったなぁ。
ちなみにレースの中断は、歴代最高速?で進行していた200kmクラスがプロの国際クラスに追いつきそうになったために一時停止させられたとのことです。

hikosan2009152.jpg


                      
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

英彦山サイクルタイムトライアル大会(9/27)

去年は豪雨で中止となった福岡県は添田町の
英彦山サイクルタイムトライアル大会!
決戦バイクのTREK Madoneはベアリングの磨耗
で入院中なので、本来は平地でのスプリント
用のパナチタンで出陣!

いやはや、これまでのレースで一番機厳しい
登りだった。徳之島、佐渡、沖縄を超えるよ...
休める区間がないので、3年振りに降りたいと思った。
が、ここで降りれば、ロードマンの名が廃る。
何とか降りずにゴール!15kmでトップから
約20分遅れ。うぅ〜っ。

青少年の家で弁当と豚汁を美味しく頂き、
閉会式。
ナイスコメント賞という、エントリー時の
コメントを添田町長にセレクトして頂き、
受賞!?(と言っても21名受賞だが)

めでたいので、戦績に加えようかな???

写真は、ありがたくもボランティアで撮影された方のHPから。


hikosan2009152.jpg
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

ツール・ド・北海道市民レース 3日目:札幌モエレ沼公園

イサム・ノグチが設計したモエレ沼公園でのクリテリウム。

一昨年はラップアウト、去年は完走したので、今年も完走を目指したが、
先頭の速いペースと強い向かい風で、半分の周回でラップアウト。無念。

体力的な要因より、作戦的な要因で完走できなかった。

トップでゴールした人は3周目までは僕の後ろにいたが、先頭集団
との差が開いたので、50m先の集団まで追い付いたとのこと。

自分は目の前の集団で廻すことを考えていて、レースの流れを読めてなかった!

先頭に追い付くのが成功するか否かは別にして、トライできなかった、
いや気が廻らなかったことが作戦として足りなかった点だ。

来年は先頭集団でゴールだ!
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツール・ド・北海道市民レース 2日目:富良野市〜岩見沢市

富良野市から実家のある岩見沢までの77km。

5時30分に実家から自走して、スタート地点への運送バスへ乗りにいわみざわ公園へ。

途中、愛知のショップチームの人と車内で話したり、仮眠したり、
コースを確認しながら富良野へ。

今年は序盤に登りが来るので、ここを耐えるのがポイント。
去年より登りが速くなったねと、一昨年から知り合った方に褒められるも、
先頭集団に着いて行けず、第3,4集団?で走行。

今までは、短い距離のクラス先頭に中盤過ぎでつかまっていたが、
今年はゴール3km前でつかまった。
なので、去年よりは速くなっているが、目標のレースには、やるべきことがたくさん!
さぁ11月のツール・ド・おきなわ130kmまで弱点克服だ!
写真は表彰式と岩見沢公園の観覧車。地元中学生のデートスポットだ。

写真はスタートを待つ愛車、ゴールのいわみざわ公園での表彰式と観覧車。


090912_0824~01.JPG








090912_1325~01.JPG
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツール・ド・北海道市民レース 初日:タイムトライアル

今年で3回目のツール・ド・北海道市民レース。初日は恒例のタイムトライアル。
1.1kmという短いコースながら、舗装から崩れた小石や噴水での折り返し、滑りやすい路面などテクニカルなコースだった。試走では行きたいラインを走れたが、本番では少し外れてしまった。TTというより、スプリントでもがく感じではしったが、去年の中団より上ではなく、下の順位。TTの練習は必要だ。ただ、カラダは動いたので、翌日に向けてはよい感じだった。
写真はレースの告知、表彰式、幼い時からの見慣れた風景&今では癒される風景。


090911_1512~01.JPG







090911_1516~01.JPG







090911_1610~01.JPG
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

第26回シマノ鈴鹿ロードレース

8月29〜30日は、第26回シマノ鈴鹿ロードレースに参加しました。

僕にとって、初めてのロードレースの大会であり、My classic raceの一つ。今年で8回目の出場です。毎年、8月最終土日は原点に立ち戻る気持ちです。

29日(土)はOpenU、OpenT、チームTT、2時間耐久(2人)に参加。
30日(日)はエリートに参加。

備忘録として、簡単なレースレポを。

OpenU
今年から、3周から5周となったOpenU。
クラス名は変わらないが、やはり参加者の速さは3周より上。
集団ゴールを目指したが、2周目に入ったホームストレートで遅れが顕著に。
輪行で徐々にサドル高さが低くなっていたのか、尻が前にずれて走るはめに。
尻とサドルはクルマでいうとエンジンとフレームの接続位置に相当するので、
ズレは禁物なのだが、ペダル効率が落ちてパワーが伝わらない!
マズッ!いつもの走りの感触ではない!と思ったが、後の祭り。
あと、集団の速度の緩急と登りに対応できなかったのも敗因。
やはり、毎日、数分でもキツイメニューを取り入れないといかん。
疲れているから、ペダルを廻そうくらいじゃいかんのだ。

OpenT
毎年出ている3周クラスなので、ベンチマークとして出場。
'08年は豪雨の為、新記録とならなかったので、'07年の自己記録を
狙った。しかし、OpenUと同じ流れで自己新ならず。
敗因はいっしょだ。
やはり、ロードはゴールスプリントを味わいたい。

チームTT
前職の会社チームメンバーと出場。
OpenU、OpenTでポジションがズレたまま走ったことで、余計に太ももを
使ったことから、スタートのホームストレートから、足が売切れ。
エースに引いてもらい、体重を活かせる下りで引く。
自分の足の売り切れを指摘されたが、今まで参加したTTTでは一番良いタイム!
売り切れ部分があったが、出力は上がっているからか?

2時間耐久(2人)
これも前職チームの先輩との恒例クラス。
今年は3周ずつでの交代。
これで、ピットロスを防げたので、'04年、'07年以来の12周。
実際には13周していたが、2時間時点での周回が結果としてカウントされるからか?
今年の鈴鹿で一番、上手くいったレースだった。
途中、片山右京さんと走るが裏ストレートからヘアピン前までしか付いて行けず。
小ぶりなお尻が意外だったが、しっかりした筋肉だった。さすが、元F1ドライバー!

エリート
昨年は周回遅れでDNF。今年は完走を狙うが、DNF。
つかまる時間は遅くなったが、いかんね。
単独走での速さは増しても、集団で走れなきゃ、結果に結びつかない。

やはり課題は集団の緩急と登りで着いて行けえうチカラ。
そして減量。今年は6月から2−3kg重い。

今週末からツール・ド・北海道なので、今持っている力を最大限出すしかない!
あと、食べ過ぎ要注意!


090829_1834~01.JPG








090830_1128~01.JPG








090830_1559~01.JPG
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

Race Report:オール九州3時間耐久inオートポリス 2009 第2戦

今日(20日)は前日の飯南ヒルクライムに続いての2連戦目のオール九州3時間耐久inオートポリス2009 第2戦でした。

35歳になるとレース後の体力復活が遅くなってくるのが、否が応でも実感される最近です。

気持ちは無敵の20代のままなのだが、移動での運転でさえもきついです、最近。

昨日はレース後に広島県は三次で蕎麦を食べ、ワイナリーへ寄った後に、18時頃に山口のアパートに到着。

家事やバイクの再準備をして、結局、寝ずに1時過ぎに大分県は日田市(合併前の上津江町)はオートポリスへ。

さすがに眠気が差してきて高速のSA、PAでは仮眠のオンパレードだった。

4月の第1回では2時頃に出発して、開門の6時前にゲートに到着したのだが、今回は1時前出発なのに6時30分頃着と時間がかかった。

オートポリスのゲートをくぐると、一面が霧。
ありゃりゃ、なかなかすごいじゃないの!
今まででヒドイ雨のレースと言えば、’07年のジャパンカップ、’08年のツール・ド・おきなわだったけど、今回は、それらのレベルと大きく超えている!

試走でも100m先が見えないと思ったら、風で一気に視界が開けたり、横風でよろけそうになったり。

レースは現状の天候維持で開始したが、だんだん条件が厳しくなってきた。
コース上には水溜りができていて、うっかり走ると、ホイールから水の影響か変な音が。横風も相変わらず来るわで、自分は完全にレースモードから撤退。

スタート前に横に居た、大分市から参戦していたスコット乗りさんは、そんな条件の中でも、しっかり走っていて3週目にラップされてしまった。そういえば4月の第一戦では、多くの周回を同じ周回していた、某食品メーカーのクラブの人にもラップされてしまった。

そんなことを思っていた3周回が終わった頃に8:30でレース終了とのアナウンスがかかった。まぁ、しょうがないか。走ること自体はできても、これはレースにならないよな。

4月25日の冨士チャレンジX、4月26日の表冨士ヒルクライムでは、いずれも天候悪化でレース中止だったが、今回はそれらを上回る雨風だった。

開催可否は主催者の判断によるが、30分とはいえ走れたので、中止はしょうがないよなという自分の気持ちには実感があった。
反面、バイク、ウェアの手入れは大変だが。

開催して途中中止、最初から中止にしても、開催者の判断は難しいと思います。事前準備に時間と費用を割いているだけに。

落車もなかったようで、無事にレースを終えられて良かったと思います。

次は8月のシマノ鈴鹿です。
風邪で練習不足になっているので、お盆休みでリカバーしよう。

そしてツール・ド・北海道、ツール・ド・おきなわ130kmへつなげて行きたい!

その前に筋トレとカロリー制限だなぁ〜。

写真は霧で全然周囲が見えないオートポリス、車内からフロントウィンドウに滴る大雨、
こんな天候でも、外でのんびりの阿蘇の馬。



090720_0927~01.jpg






090720_0858~01.jpg






090720_0647~01.jpg
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

Race Report:飯南ヒルクライム(7/19)

この3連休はバイクレース2連戦を組んだ。

今日、19日は島根県は飯南ヒルクライム。
13kmで800mの獲得標高だ。

練習はバッチリといいたいトコだが、6月末からの風邪で、バイクに乗るのが3週間振りという、超練習不足の状態。

せめてスタート前にローラー台でアップしようとするが、ローラー台専用のクイックを忘れて、実走でのアップに変更。

開会式をロッジで行った後に、スタート地点まで移動。待ち時間が長く感じるなぁ〜。

開会式からスタートの司会は地元 飯南高校の生徒が行っている。飯南町の議会選挙の為、人手が足りなかったそうなのだが、初々しい司会なので、これもありだと思う。ところどころ、愛嬌のあるやり取りもあったし。

さて、スタートのピストルが鳴り、火薬の匂いが漂ってくると徐々に集団がスピードアップ。

登りが苦手で練習不足の状況なので、自分のペースでと言い聞かせる。
が、キツイ。'07年のツールド北海道の2日目の登りで置いていかれた時のようなキツさだ。フォームもいまいち、タイミングが合わない中、5km地点で前日の雨で路面に流れてきた砂に後輪が滑り、ひやっとした。

が、これが次に続くトラブルに種になっていたのだった。

なんだか妙にタイヤがフワフワしている。ミシュランPRO3って、こんなに軟かったっけ?など思いながらタイヤを見ると空気が抜けている!

あ〜レースでは5年振り、2回目のパンクだっ!そのまま、行けるところまで行こう!と思うが、それも無理な状態まで空気が減っていた。

オフィシャル近くのガードレールにバイクを停めて、チューブ交換。結局、8分弱かかり、ただでさえ登りの弱い自分のタイムに、余計なタイムが加算されてしまった。

チューブ交換をして復帰するも単独行で、淡々とゴールまで。あ〜、残念。誰かと競いながら登りたかった。

でも、現在の力を知るためのパワーデータ取りをできるから、いいか。

ところどころ、スタッフの応援を受けてゴール。水分補給とひんやり冷たいトマトを頂く。
ゴール後の体には、余計美味く感じて4個も食べてしまった。

帰宅途中、この近辺に単身赴任していた父に連れて行ってもらった美味い蕎麦屋で、ざる蕎麦を食して帰宅。

13kmとはいえ、体がけっこう疲れている。
が、翌日は大分県は日田市のオートポリスで3時間耐久レース。ツール・ド・フランス気分で走ってこよう!

結果は1時間3分台でクラス144位/152人中。
8分弱のチューブ交換が惜しい!

パワーメーター
平均出力 210W       
平均ケイデンス 54RPM  

200Wは超えていたが、平均ケイデンス54RPMは低すぎるなぁ。


090719_0935~03.jpg








090719_1240~01.jpg

posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Race Report:第22回トライアスロンIN徳之島大会(6/28)

さてさて、やっと風邪が治ったので、
遅ればせだがレースレポートを。

今年は4回目の徳之島でした。

順位はチームで
'06年 9位(24チーム中)
'07年 7位(29チーム中)
'08年 4位(40チーム中)

自分が担当するバイクは
'06年 6位
'07年 3位
'08年 7位

だったので、今年は表彰台は狙っていたのだが、一番時間差のつくバイク=自分のパートで、目標タイムを10分以上下回ったのが痛かった。

結果はチームは2年連続の4位、バイクは5位だった。約9分30秒で表彰台を逃していた。残念!

来年こそは!

【当日のレース経過】
当日はスイム選手が1位で戻ってきたので、このアドバンテージを維持したまま、ランパートに繋げねば!と思いスタート。

しかし、少し体が重い...

4月は1,000km弱、5月は700km以上は走れていたが、6月は面倒な案件での残業が続いて、500km弱の練習しかできていなかった。レース直前の2週間もほどんど乗れていなかった。

けっこう影響が出ているなぁ〜。と思いつつ、徳之島は前半が勝負。アップダウンに海からの向かい風で、毎年、進みづらい区間。

20kmを超えた地点で、ぽつりぽつりとプロ選手に抜かれ始めてきた。リレーは?まだまだ行かせてくれ!と思っていると、マーシャルバイクにリレーの順位を聞いている声が。あ〜、このポイントでつかまったか、ヤバイ。

後に優勝チームのバイク担当と判明するのであるが、コンスタントなスピードで走っているので、苦手な登りで追いつくのは、かなり厳しい
と考え、せめて2位死守をしようと気持ちは踏ん張る。

その後、35km地点までは1時間で走る目標だったが、8分遅れていた。去年とは1分ほど速くなっていただけだった。自分の感覚では前半は速くなっていたと思っていたが、パワー計のデータを見て、意外なことが判った。

後半では6分縮めていたのだ。
年明けからのポジション、フォーム改造の方向性は間違ってはいなかったんだ。

数値で比較すると

      前半(35km地点まで)後半
'08年 Time 1:09:37     1:34:24
出力(ワット) 135W        84W

'09年 Time  1:08:02    1:28:53
出力(ワット)188W(1.4倍) 143W(1.7倍)

今年のタイムは6分縮めたのだが、登りで縮めた分だったんだ。でも前半はパワーが前年より出ているにもかかわらず、タイムが変わらないのは風が強かったんだろうな。

さてさて35km地点を過ぎて伊仙町の市街地を走るが、向かい風と緩やかな登りで速度が伸びない。去年も思ったが、自分はこの区間の攻め方が苦手だ。

そして40kmから55km地点までは、登り、登りが続く、最後の難関。あ〜、リレーで2人抜かされている〜!見えてきてくれ、見えてきれくれ、少しでも追いつくと思いながら走行。
しっかし、登りは相変わらずキツイねぇ〜。

大きな橋を渡ってからは下りが多くなり、もう終盤。今年はソロの上位選手と似たような速度で10kmくらい走っていて思ったのだが、ロード専業の自分とトライアスリートのペダルの回転数が全然違う。自分は80回転以上なのだが、彼らは60後半から70回転のようだ。ゆっくり思いギアを使っているのか?この差はなんだんだろう?

そんなこんなで走っていると、天城町役場近くの登りで、毎年かかっている映画『ロッキー』の曲が。さぁ、オレの体よ、もうひと踏ん張りしてくれ!

この頃には目標の2時間20分どころか2時間30分もきつくなってきた。

去年のように足は攣らなかったが、約6分の短縮でだったので、毎年恒例のゴールでの雄叫びをする気持ちにはなれなかった。

その後、チームの好敵手で、昨年は約20秒の僅差で勝てたK氏が到着するが、去年よりタイムが遅くなっていたとのこと。お互い、練習量は増えたけど、何かが足りなかったんだろうな。

結果、チーム4位、バイク5位。

ゴール後は、ボランティアのお母さんた達が作ってくれた、おにぎり、味噌汁、パパイヤ漬けを食べて、栄養補給。

来年こそは、表彰台!

090628_1923~02.jpg
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

Race Report:第25回天草国際トライアスロン(5/24)

ついに念願のトライアスロンに出場!

20代のガムシャラな勢いが懐かしく、
また恐れを感じるようになった35歳の自分。

そんな気持ちをブチ破って進化し続けるには
トライが必要。未知の領域に踏み込まねば!
だから海を泳ぎたかった。

ほんとは普通の水着だけでは、未だに泳げない
のだが、ウェットスーツを着れば浮いていられる
ので泳げるのは以前の海練で実感していたので、
落ち着けば完泳できると思っていた。

この季節は暑くなく、寒くなくいので車中泊
と気軽に考えていたものの、前日にゆっくり
休みたいと思い楽天トラベルで検索するが、
どこも満室!結局、当初の車中泊になった。

道の駅で睡眠すること数時間。朝4:50に起床。
雨が降っていたので、波が高いと嫌だなぁ〜。
中止になるかなぁ、なんて弱気なことを考え
つつ身支度をして会場まで移動。

しっかり晴れてくるではありませんか!
なんとか泳ぎきれそうだなと思えるように。

会場近くの駐車場から、道具一式を袋に入れて
バイクで移動。トランジットで準備をするが、
期待と不安感が交錯する気持ちのまま。

ついに集合時間になるが、泳ぐ時間はないらしく
センサーを通した後にスタート!

始まった〜!

みんな先へ先へと進む。
でも、自分の目標は完走なので、自分を
信じて、自分のペースで平泳ぎを続ける。

うん、まぁまぁのペースで泳げてるのではと
思いながら、途中、ボート上の監視員に、
ゆっくり行きますと伝えながら泳ぎました。

やっと折り返し地点に到達したが、ロープが
浅いとこにあり、そのまま越えていいのか分からず、
ここ(折り返し)?と監視員に確認して復路へ。

なんだか波が強くなって、さっきより進まない。。。
なんだかもどかしくなって、クロールもどきで
スピードアップ!やはり、クロールは必須だと
思いつつも、今回はゆっくり平泳ぎ。

最大40分でゴールすれば、本職のバイクでリカバー
できると思いつつも、30分位だろうと言い聞かせ、
攣ってきた足を休めながら、ひたすらゴールゲート
を目指す。目前には、ずーっと同じ間隔で選手が
泳いでいたので、ベンチマークにしながら、
気持ちが折れないように泳いだ。

やっと念願のゴール!すでにスイムの選手は
ほとんどいないので、周囲の声援は、労わる
ような感じだ。応援してくれてありがとう!

でも、次は本職のバイクだから、もう大丈夫!
と、いつものテンションになりトランジットへ。
時間がかかったと思ったトランジットは1分くらい
で意外と短かった。

さぁ、バイクに乗った!
が、スイムでいつも使わない筋肉を動かしたもの
だから、ふくらはぎと尻が疲れている。

ありゃ、パワーがかけられないから、
高回転ペダルで走るしかないな。

そう考えながら走っていると、もうトップ
選手がゴールへ!
これはスイムだけで20分近くロスしてるな。

とは言いつつ、バイクでリカバーするしかないので、
ひたすら走るが、折り返しまで向かい風。
復路に追い風を利用するパワーを温存する為に
ペースをキープ。これが当たって復路では45km/h
くらいで走れたとこもあった。

結局、40分弱でトランジットに戻って、ラン5kmへ。
単独ランなら23分くらいだが、スイムで
消耗しているので、攣りが激しくならないよう
にイーブンペースで走る。

沿道からの学生、おじいさん、おばあさんの応援に
勇気をもらい、ひたすらゴールへ。

さぁ、ゴールの陸上競技場が見えてきた!
やった!
トラックに入ると学生がハイタッチを迫ってくるので、こちらも手を出しながら走り、ガッツポーズ&
ジャンプしながらゴール!

よしよし、目標達成!

スプリントディスタンス25.75km (S:0.75Km、B:20Km、R:5Km)で結果は総合21位26人中、男子15位19人中

今度はスイムを練習して、タイムを短縮したい!

ちなみに今回のバイクでの平均出力は180wと
昨シーズンから向上できているのもいい成果だ!

レース後は会場で地元の食事を、たくさん頂き満腹に!美味しかった!

実行委員会の皆さん、ボランティアのみなさん、地元の皆さん、ありがとうございました!

写真はトライアスロンショッカーに改造された自分?


090524_0650~01.jpg
posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。