2010年04月06日

第153回TOEIC結果

3/14に受験したTOEICスコアが出た。

前回比+20で自己ベストだが、
Listening-15、Reading+35だった。

やはり、Listeningは後半、タイミングが合わず、
選択肢を先に確認し損なった影響が出た。

ReadingはPart6から先に解いてPart5を後回し
にしたことで、長文読解がじっくり解けた。
次回もPart6から解こう。

ここからのスコアアップは、短文穴埋めと
リスニングの質問ポイント、選択肢を素早く
確認できることだな。

次回5/30は天草国際トライアスロンを
欠場しての受験だけに、しっかり対策して、
スコアアップしたい。

posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

3/14 第153回TOEIC受験記

3/14はTOEIC受験で福岡は九州産業大学へ。
アルファベットでの略語はKSU(Kyushu
Sangyo University)

なぜKIU(Kyushu Industirials University)
ではないのか?と思ったが、京都産業大学
もKSUなんだ。どなたか、この理由ご存じですか?

さて、今回のTOIECは、解く順番を変えてみた。
得意の読解を先に、苦手な短文を後回しにして、
時間切れにならないようにした。
Reading sectionが始まるとPart6から解く。
取りこぼしは、ほとんど無いはず。

ちょい速めで解いたが、Part5にかかった時は、
残り25分(37.5秒/問ペース)くらいだったから、
今回のペースでも時間をかけ気味なんだな。

ちなみに、37.5秒/分のペースだと、自分の場合、
短文を全部読んではいられないので、問題の
パターンを認識して解く必要があると感じた。
ここは次回5月の試験までの重点課題だ。

解っている問題でも、確認で本文に戻ったが、
次回からは止めよう。
大学受験であれば、最低合格点があるから、
この作業は有効だが、TOEICの場合、大学受験
で解いていた問題より難しくないレベルで、
解く量をこなす感じだから。

確認で浮いた時間をPart5に廻すことにしよう。

ListeingはPart2で聞き逃し、Part3で選択肢を
先読みし損ねて、解答欄を間違えかけたので、
ポイントを認識しやすくするのと、解くリズム
を実に付けよう。
これは公式問題集でポイントを確認するか。

さて、どんなスコアになってるか?

posted by アスリーマン(athlete_salaryman) at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。